ギャラリー

オルトン・グレン・ミラー

アメリカのジャズミュージシャン。ベニー・グッドマンと共に“スウィングの王様”と称され、トロンボーンを優雅に吹きこなし、30年代初頭~40年代前半のジャズシーンに旋風を巻き起こした人物。優れた作編曲家でもあり「ムーンライト・セレナーデ」や「イン・ザ・ムード」など、誰でも一度は耳にしたことのある名曲を多く残している。ポップな曲調が売りで、日本でも非常に人気が高く、様々な映画やCMで採用され続けている。

Little Brown Jug

In The Mood

Chattanooga Choo Choo

↑TOP