オープニングアクト

ジャパンツアー2017を盛り上げてくれるオープニングアクトの紹介です。


11月5日 秋田公演:秋田中央高校吹奏楽部

秋田中央高校吹奏楽部は「音に命を、心に感動を!」の部訓のもと、豊かな人間性・音楽性を身につけられるよう元気に活動しています。毎年大好評をいただきます定期演奏会の他、地元土崎での演奏活動や東日本大震災の被災地への支援も行っています。また、11月に行われる全日本高等学校吹奏楽大会in横浜への出場も決定しております。
このたびは、「ザ・グレン・ミラー オーケストラ」の皆様と一緒に演奏させていただけるということを大変光栄に思っております。皆様の心に響く音楽ができますよう1・2年生53名で演奏させていただきます。どうぞよろしくお願い致します。



11月11日 広島公演:山陽女学園中等部・高等部 管弦楽部

 「一音入魂」をモットーに、「大切な仲間と作る最高の音楽づくり」を求めて毎日練習しています。管弦楽部の目標は、「全国大会」への出場と、毎年さくらぴあ大ホールで開催している「定期演奏会」の成功です。全国大会には現在8年連続で出場中のほか、「第28回全国国民文化祭山梨大会」にも県代表として出場。また、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団や広島交響楽団との共演、ヤマハJOCコンサートにモデルバンドとして出演するなど貴重な体験をさせていただいています。今回は、すべてのことに感謝し、私達のモットーである、「魂を込めて表現力豊かな熱い演奏」を奏でたいと思います。



11月12日 三重公演:皇學館高等学校 吹奏楽部

 皇學館高等学校は生徒数約1,100名が在籍し、学習・芸術・スポーツの文武両道を目指して仲間たちがそれぞれのステージで活躍しています。吹奏楽部も今年で創部12年目を迎え、部員数も130名の大所帯となりました。年間の主な活動として、夏のコンクールを始め、9月には1年の集大成となる定期演奏会、小学校、中学校での訪問演奏、地域内外での演奏会など数多くのコンサートを行なっています。今回、ザ・グレン・ミラーオーケストラの皆様とオープニングアクトで共演させていただくことに感謝するとともに、精一杯演奏させていただきますのでよろしくお願い申し上げます。



11月16日 千葉公演:専修大学松戸高校 吹奏楽部

 専修大学松戸中学校・高等学校は、部活動も盛んで、記憶に新しいところでは平成27年夏の甲子園初出場が挙げられます。その他にも陸上競技部、ラグビー部をはじめ、数多くの部活動が上位大会に入賞しています。吹奏楽部は中高合同で活動しています。活動は通常の吹奏楽演奏と、動きながら演奏するマーチングの両方を行っており、それぞれで大会に出場しています。近年ではマーチングに成果を上げ、これまで10回千葉県代表として上位大会へ出場しています。また毎年4月に行われる定期演奏会はこれまで37回を数え、森のホール21大ホールで盛大に挙行されています。これ以外にも野球応援にも力を入れており、夏の予選や甲子園での演奏も、その選曲や応援スタイルなどで注目されています。



11月30日 鹿児島公演:リトルチェリーズ

 リトルチェリーズは、小中学生の子供たちのビッグバンドです。
 1984年、鹿児島県の根占(現 南大隅)町立神山小学校での発足を皮切りに、34年間にわたって活発な演奏活動を繰り広げてきました。ジャズ音楽の中でも、あくまでビッグバンドスタイルにこだわり、そのサウンドを追い続けてきたリトルチェリーズ。グレン・ミラーの曲を中心とした、「ノリ」のいいスイングジャズで、全日本コンテストでの8回の最優秀賞の受賞をはじめ、「第65回南日本文化賞」も受賞しました。
 アメリカの「グレン・ミラーフェスティバル」には4回出場させていただき、その演奏の様子は「世界で8番目の不思議」とメディアから絶賛されました。
 単独の小学校のバンドから、鹿児島県の小中学生のバンドへ…2010年にNPO法人の認証を受け、現在30名の子供たちがリトルチェリーズに所属し、楽しく音楽に取り組んでいます。

↑TOP